1. TOP
  2. DIY・メンテ
  3. The end crowns all.(ガレージ完成)

The end crowns all.(ガレージ完成)

  • ブログ名:papapaddler
  • 公開日:2017年02月15日

c0123363_22335050.jpg
photo:ガルバリウム鋼板の剥き出しの素材感が潔くてログハウスとのマッチングが良いな♪

ガレ−ジの屋根がサルの群れに壊されたのが火曜の10:00~12:30、リフォーム会社のNさんに電話したのが13:00で、Nさんが下見に来てくれたのが13:30で、水曜には見積もりが届いて、金曜夜、高山陣屋前で電話が鳴って...
『明日から工事入りますね〜♪』
さすがに週末は留守にしてたので週明けの月曜に延期してもらったけど、約束通り月曜の朝から張り替え工事始まった。納得出来るまで何度でも相談に乗ってくれることや、仕事の丁寧さ、そして工賃のリーズナブルさもだけど、このスピード感こそNさんの魅力だ。
c0123363_2234923.jpg
photo:工事前、おサルさんによって見事に踏み抜かれたガレージの屋根


2月13日(月)
朝8:00過ぎから作業開始。まずは経年劣化で変色して暗くなってたポリカーボネイトの波板が剥がされていく。ところが、竣工から18年が経過して波板を留めているクギが固着して抜けないらしく...丸1日で作業が完了するはずが、古いポリカ板を外すのに手間取ってガルバリウム鋼板が貼れたのは2枚のみ。
そんなわけで、骨組みだけになったガレージから青空が!寝室が妙に明るくなって、ネコのミカちゃんは早速窓に上って空を流れる白い雲を見上げて嬉しそうだ。
c0123363_22352755.jpg
photo:窓から青空を見上げるみかん

当然ながら僕は今日も終日仕事だったので諦めていたんだけど、工事が2日間になったことで、ガレージが竣工した1999年以来、一度も塗装出来なかった軒裏を塗るチャンス到来!
昼休みと放課後、職人さんに迷惑にならない時間にハシゴに登って足をガクブル(病的な高所恐怖症...涙)させながら軒裏とガレージの骨組みを塗り塗り。暗闇でほぼ手探りで塗った骨組みに何ヶ所かの塗り残し、そして軒裏にどうしても手も延長ローラーも届かない部分が60cmほど出来てしまって...B型オトコは、それが悔しい(^-^)
c0123363_22365145.jpg
photo:夜なべして軒裏と全ての骨組みを塗装(塗り残しアリ...苦笑)


2月14日(火)
今日も朝8:00から作業再開。午前中に20枚全ての波板を張り終え、午後から雨どいを通したり、隙間をコーキングしたりして、16:00に完成!
屋根の上から下りて来た職人さんにお礼を言って、完成したガレージを眺める。
無塗装のガルバリウム鋼板と木の家であるログハウスとのマッチングがちょっと心配だったけど、剥き出しの素材感が潔くて良い感じ。(濃色系のポリカはグラデーションのサングラスみたいでやっぱり好きになれなくて...)
c0123363_22392392.jpg
photo:ガルバリウム鋼板を張り終えたガレージ

寝室の明るさへの影響もほぼ想定内。やはり寝室の明るさはガレージ側の窓よりもトップライト(天窓)からの光が重要だったみたいだ。(トップライトの光は、同じ面積で普通の窓の3倍の明るさがあるんだから当然といえば当然なんだけども。)

あと、これは全くの想定外だったんだけど、昼間、雲間からお日さまが顔をのぞかせたら、ガレージの舗装で反射した高度の低い冬の日光がガルバリウム鋼板の裏側でさらに反射して、リビング西側の窓を通って射し込んで来るし、夜には銀色のガルバリウム鋼板がセンサーライトを反射して、ガレージ全体が明るくなって...太陽高度が高い夏は強烈な陽射しを遮り、冬は暖かな陽射しを採り入れる...コレ、良いかもしれない♪

サルの襲来による被害はアンラッキーな出来事だけど、この機会に軒裏や骨組みを全部(*一部塗り残しアリ...苦笑)塗装することが出来たし、久々にNさんとも会えたし...これは"終わり良ければ全て良し"というか“The end crowns all.”というか、要するに“ま、いっか!”なんだろうな(笑)
c0123363_22435067.jpg
photo:工事前(左)→工事後(右)

 Check
    
 

PADDLER'S LOGBOOK 記事一覧

papapaddler
http://papapaddle.exblog.jp
建物シリーズ:ファインカットログハウス
19年目のBESSログハウスをベースキャンプに広く浅く“なんちゃって”な野遊びを楽しんでいます。
このブログの記事一覧を見る