1. TOP
  2. 「才気堂」ドームハウス日記 紹介ページ

「才気堂」ドームハウス日記 紹介ページ

「才気堂」
http://blog.livedoor.jp/kikoyouttekaketayo/
建物シリーズ:ワンダーデバイス
尋ねて来た方が「ああ!あの家だ!」と分かるような特異な家に住むことが10年来の夢でした。田んぼの真ん中の「ドームハウス」はピアノを思いっきり鳴らせます!
このページをお気に入りに追加する

「才気堂」ドームハウス日記 記事一覧

248件 1-20
2016.09.19
理想に近づいた!
ゴチャゴチャした工具を まとめたいとあれこれ 作ってみたけど、 このスタイルが一番、 開きやすくて、中身も 見やすくて、しまいやすい。 何となく理想に近づいた! -
この記事を読む
2016.09.11
調律師の工具入れ
ずっと憧れていてなかなか 作れなかった「ガマぐち」 - ピアノ調律師にとって、 工具カバンよりも悩みの 種は「工具を仕分けする包」 である。 すっかり忘れ去られたような ガマぐちは、パチンと…
この記事を読む
2016.09.08
台風情報の夜、、、
30分に一回、5分くらい ニュースが流れる深夜の台風情報。 ニュース以外の時間は、 雨の激しい場所の映像が 写され、穏やかでしかし 激しくやるせない、 抗いがたい地球の営み、 宇宙の真理、法則、エネ…
この記事を読む
2016.09.04
50年前のアコーディオン
何とかなりませんか? と聞かれ、 何とかしましょう。 と預かる。 アコーディオンは 木製品のオルガンと違って プラスチックやアルミが 多用されているのと、 散々持ち歩いて酷使 されるため、古く…
この記事を読む
2016.08.31
台風のあとで
昨夕の空、、 残念ながら虹は 見えなかったが、 田んぼが、まるで 絵の具のビリジアンを 直に塗ったように 濃い緑に輝き、 ゴッホがひまわりを 塗るのに大量に 使った黄色が そのまま太陽から 照射され…
この記事を読む
2016.08.22
蛇腹ベルトの再生、その2
使う革は、ヤギの革。 - - 本来ならスエードの裏面を使う 革だが、表側もきれいなので コレを使う。 - 思い切って「赤」もきれいで カッコいいなぁと思うが 今回は自分のではなく 依頼された修…
この記事を読む
2016.08.15
絶望先生
幾山河 越え去りゆかば 寂しさの 終(は)てなむ国ぞ 今日も旅ゆく ~若山牧水~ -
この記事を読む
2016.08.13
215系
山登りからの帰りは 青春18きっぷで。 小淵沢からは臨時の快速 「ホリデー快速やまなし号」 この車両は10両編成で 元々東海道線の快速として デビューしたものの 量産されずに、他線に転用 されて生…
この記事を読む
2016.08.13
八ヶ岳
八ヶ岳の最高峰「赤岳」に 登山、、、(>人<;) 頂上は雲の上である。 - - まるで本当に俺本人が 実際に登ったかのような 写真、、
この記事を読む
2016.08.05
EP専用額縁、イエロー
EP専用額縁の製作。 EPとは、ドーナツ盤と同じ大きさで 33回転で片面最大10分近く 入っているもの。 回転数も低く、盤も小さいので 音質は悪くなるが、毎月届く クラシック名曲集、や、 よいこの…
この記事を読む
2016.08.02
男一匹桃次郎!
毎日、分割して鑑賞する 名作DVD、、、(u_u) トラック野郎 男一匹桃次郎! 主演は夏目雅子、 最後は特急で6時間の 距離を4時間で! のはずが30分早着! スゲェよなぁ、、、 若山富三郎…
この記事を読む
2016.07.17
オルガンの音域
オルガン音域は、ファ~ファの 5オクターブが多い。 讃美歌も、F調系が多い。 モーツアルトなど古典派の 時代のピアノもこのスケール。 ベートーベンの初期ソナタまで、 5オクターブで間に合う。 昔…
この記事を読む
2016.07.14
パンク修理
ブリヂストンの通学用自転車 使い始めて二年半でパンクした のでタイヤを外して修理。 ブリヂストンの通学用自転車 は、だいたい4万円位もする。 ホームセンターで9800円 のと、どこが違うのか? …
この記事を読む
2016.06.16
完熟のラズベリー
イエローラズベリー 完熟するとオレンジ色 ほとんど赤に近い色になる こうなると出荷流通出来ないから やっぱり自分で育てた人だけの 楽しみかもしれない。 - イエローの内に摘むと ちょっと甘味…
この記事を読む
2016.06.15
むけるグレープフルーツ
去年、ためしてガッテン、で 見て知った、 むけるグレープフルーツ 3~4分茹でるだけで、 外皮も、内皮も、 すんなりむける。 味もマイルドになる、 夏はコレを凍らせて お弁当に入れる。 - …
この記事を読む
2016.06.15
フランシスレイと袋張り
オルガンの袋張り 大袋は張ってから切るという 大雑把で大胆でしかも的確な 方法で。 フランシスレイの映画音楽 のレコード、 「栗色のマドレー」を繰り返し 聴いて耳コピ中、、、 その次の 「うた…
この記事を読む
2016.06.14
イエローラズベリー
大漁、とか大豊作! ではないけれど、 毎日10粒くらい採れる。 黄色を通り越して オレンジ色になった ものが完熟で、 種までとろけるほど 柔らかく甘く香りも強い。
この記事を読む
2016.06.12
豆アジの唐揚げ
爪の色がちょと不健康な 娘のために時々つくる 豆アジの唐揚げ。 豆アジとは5センチ以下 の小さなアジ。 尻尾に近いギザギザの ところと、はらわたを 取り除くのにも慣れてきた。 青魚が爪の色に効く…
この記事を読む
2016.06.12
サービスで行う塗装、、
オルガンの修理で最も手間ひま のかかるのが塗装である。 外装は美しい木目の木で 出来ているので塗り直すと それはそれは綺麗に蘇る。 が、しかし、 最も費用に差が出るのも 塗装を行うか否か、による…
この記事を読む
2016.06.05
458Hz
イギリス製の、100年位前の オルガン、調律も終えて ようやく楽器として蘇る! ぬぁんと!A=458Hz! 古いリードは極端にピッチを 変えると折れたりするので、 極力現状の高さで合わせる。 海…
この記事を読む
248件 1-20